マイナス10歳アンチエイジングのすすめ

綺麗を磨いて女子力アップ!!輝く未来を手に入れよう

便秘、下痢、症状別の食事で腸トラブルを解消!

2017/08/11


お腹の調子を整える食べ方のコツ


夏真っ只中。暑い日が続いていますが、お腹の調子はいかがでしょうか?

夏は暑いので、食欲がなかったり冷たい食べ物や飲み物が多くなってしまいがちですよね。夏は一年中で一番腸トラブルが多い季節でもあるんです。

その代表が、便秘と下痢です。

便秘も下痢も、腸のトラブルによることが多いもの。不規則な食習慣が要因となっている場合、日頃から腸の働きや腸内バランスを整える食べ方を心がけることも大切です。

便秘の種類

便秘に種類があるの?と思われた方もいらっしゃると思いますが、便秘には主に「弛緩性便秘」と「けいれん性便秘」の2種類があります。(その他、直腸性便秘や腸の疾患による器質性便秘もあります)

まず

弛緩性便秘とは?

筋力の低下などにより、腸の働き(ぜん動運動)が鈍くなったことで起こる便秘です。腸内に便が長時間とどまるため、水分が吸収されてどんどん固くなり、ますます出にくくなるという悪循環を生みます。

けいれん性便秘とは?

腸のぜん動運動がストレスなどの理由で過剰になり、けいれん状態になって便の流れがスムーズに行われずに起こる便秘です。けいれんがおさまって腸の動きが活発になると下痢を起こすので、便秘と下痢を交互に繰り返す傾向にあります。

それでは便秘を解消するためには、どういったことに気をつければいいのでしょう?

◊弛緩性便秘を解消する4つのひと工夫

水分はたっぷりと

水分をとることで便は柔らかく出やすくなるため、こまめにとりましょう。また、冷たい水、牛乳は胃腸を刺激して排便を促す効果があります。起床後に飲む習慣をつけるとよいでしょう。

香辛料、酸味、脂質を適度に

香辛料や酸味は大腸を刺激して排便を促します。また、適度な脂質は便のすべりをよくしたり、含まれる脂肪酸が腸を刺激してくれます。

•野菜や海藻類は積極的に取り入れる

野菜や海藻類に多く含まれる食物繊維は、消化されずに腸に送られて便のかさを増やし、腸の動きを促して便通をスムーズにする効果があります。毎日の食卓に、食物繊維が多い食品を積極的に取り入れましょう。

ごぼう、たけのこ、かぼちゃ、イモ類、豆類、海藻類、切り干し大根などに多く含まれています。

•3食きちんと食べる

ダイエットなどで過度に食事量を減らしてしまうと、便の量も減るため便秘になりやすくなります。腸内環境を整えてくれる食品を意識して3食きちんととることが大切なのです。

◊「けいれん性便秘」の時の注意点

刺激物、脂質、アルコールは控える

けいれん性便秘では、気をつけたい食事のポイントが弛緩性便秘とは異なります。

腸の緊張を抑えるため、刺激の少ない食べ物をとるのが基本です。香辛料や酸味の強いもの、揚げ物など脂肪の多いもの、アルコール、カフェイン飲料などは控えましょう。


「下痢」のときの食事の注意点


•脂肪の多い食品は避ける

消化に時間がかかる脂質は、腸に負担をかけます。

脂肪の多い肉や魚、揚げ物などは避け、お豆腐や雑炊など消化のよいものを食べるようにしましょう。

 •水分はしっかりと

下痢が続くと体内の水分が失われ、脱水を起こすことがあるので、水分は十分に補給しましょう。冷たすぎるもの、熱すぎるものは避け、こまめに意識してとるようにします。

 •やわらかいものを少しづつ

下痢の症状がひどいときは、絶食で腸を休ませてください。水分は十分にとって、症状が軽くなってきたら、雑炊や煮た野菜などの温かく消化のよいものを、少しづつ食べるようにしましょう。

•食物繊維の多いものは控える

便秘のときとは逆に、下痢のときは食物繊維の多い食品は腸に負担をかけます。ごぼうなどの野菜やきのこ、海藻類、イモ類などは下痢の間は控えた方がよいでしょう。

 •刺激物は控える

下痢で腸内が過敏な状態になっています。腸に刺激を与えるような香辛料、アルコール、冷たいものなどは控えるようにしましょう。


便秘•下痢 食事Q&A


 Q:腸内環境を整えると便秘にいいと聞きました。どんな食べ物がおすすめですか?

A:ヨーグルトや発酵食品、オリゴ糖を含む野菜がおすすめです。

人の大腸には、たくさんの細菌が住んでいます。健康に役立つ細菌(善玉菌)だけではなく、病気の原因になる悪玉菌、どちらでもない日和見菌が存在し、独自のバランスを保っています。このバランスが崩れて善玉菌が減り、悪玉菌が優勢になると便秘になりやすいのです。

乳酸菌やビフィズス菌が多いヨーグルトやキムチや納豆などの発酵食品は腸内環境を整えるのに役立ちます。また、食物繊維やオリゴ糖は善玉菌の栄養源になるので、これらを多く含んでいるごぼう、切り干し大根、たけのこ、青菜、大豆、きなこ、あずき、ひじき、寒天、果物などをとることを意識するとよいでしょう。野菜はスープなどに入れるとたっぷりとることができますよ。

Q:下痢のときは、どのように水分をとったらいいですか?

A:量は人それぞれですが、こまめにとることが重要です。

一概に何ミリリットルというきまりはありませんが、基本的に下痢がひどいときは、脱水を起こさないために、水分をこまめにしっかりと補給することが重要です。

下痢する量が増えることを気にして水分を控える人がいますが、水分は必ずとってください。下痢の量や回数が多いときは、浸透圧が低くて腸から吸収しやすくつくられている経口補水液が理想です。そうでなければスポーツドリンクを少し薄めたものでもいいですし、普通の水でもかまいません。ただし、冷やしたものは避けます。腸を刺激する炭酸飲料やアルコールも控えましょう。

腸のコンディションは、健康だけでなく美容や精神面にも影響を及ぼします。

はたらきをよくして、便をスッキリ出せたら、心身ともにハッピーに!

そんな健やかな腸のためにおすすめなのが、酵素です

毎日の食生活に取り入れて、心も体も元気に過ごしませんか?

ビオクラ 80種類のめぐみジュレ

ビオクラさんの80種類めぐみジュレは、80種類もの植物をこだわりの製法で発酵させたオリジナルの「ジュレ」。

成人病予防協会推奨品でもあるお墨付きの酵素です

ウコン、高麗人参、酵母菌、霊芝など80種類の野草、果物、海藻を特製かめで発酵熟成させたジュレタイプの酵素です

普段の食事では摂取できないミネラルやビタミンが豊富なのも魅力です。

トロッとしたジュレは飲みやすい一口サイズの分包タイプ。

そのままでも、ヨーグルトにまぜてもOK.

お味はドライフルーツのなつめのような黒糖のような味で本当に美味しいですよ^ ^

私はもっぱらヨーグルトにはコレですね。美味しいから続けやすいし、食生活に取り入れるようになってから体の調子がいいな〜って感じます。フルタイムで働いて週末登山を繰り返しても疲れがたまらないですし、毎日5時間ぐらいの睡眠時間でも元気だなーって。子供に「よくそんな体力あるね」と言われています。

酵素はじめてみようかなって思っている方、ぜひお試ししてみることおすすめします。

今なら30%OFF、送料無料なのでぜひのぞいてみてくださいね。

80種類のめぐみジュレを詳しく見てみる>>>80種類のめぐみジュレ


健康と医療ランキング

-酵素
-