マイナス10歳アンチエイジングのすすめ

綺麗を磨いて女子力アップ!!輝く未来を手に入れよう

コラーゲンさえあれば肌老化は確実に遅らせられるという真実

2017/05/07


コラーゲンの大切な効果を知っていますか?


女性なら願わくばずっと若いままでいたいと誰もが思うもの。

けれども、歳をとるたび増えるシワやたるみといった加齢による肌の変化。実はこれらの変化は、肌の奥のコラーゲン量によって左右されるという事実をご存知でしたか?

本来、あなたの肌の奥では、網の目のように張り巡らされたコラーゲンがピンと張って、肌のハリと弾力を支えています。

そのコラーゲンが不足すると、肌の伸縮や重力に対する対応が弱まり、シワやたるみが進行すると考えられています。

20歳の頃の肌にはたっぷりあったコラーゲンですが、なにもしないと60歳で約半分にまで減ってしまうのです。

実は体のタンパク質の1/3はコラーゲンが占め、骨、軟骨、腱、血管壁をはじめあらゆる臓器がコラーゲンなしには成り立ちません。そして体全体で、最も多くのコラーゲンが皮膚の真皮に存在しているのです。コラーゲンは網状の層を作り骨組みとなることで、皮膚だけでなく、臓器や体全体の形を支えています。


実は肌だけじゃない!体の中にあるコラーゲンの働き


コラーゲンは健康を保つためにも不可欠な存在なんですよ。

>→コシとツヤのある強く美しい髪を育みます。

>→角膜や水晶体部分にあり、目の健康を守っています。

歯ぐき>→歯ぐきは約60%がコラーゲンでできていて、歯ぐきの弾力やみずみずしさを保つ役割を果たしています。

>→真皮層にあって弾力やハリを保ちます。

>→爪の伸びがよくなり、丈夫で健康になります。

>→骨の組織にカルシウムが定着するのを助け、丈夫でしなやかな骨をつくる基礎となります。

血管>→弾力を保つことで破損から守ります。

関節>→骨と骨の間にある軟骨の材料。摩擦を抑えるクッションとして痛みや衝撃を緩和します

>→腱はコラーゲンが束になったもの。筋肉と骨をつなぎスムーズに体が動くように助けます。

コラーゲンと聞くと美容成分と思われがちですが、こうやって見ていくといかに健康のためになくてはならない大切な成分かがわかります。私も今までそんなに深く考えたこともなく重要性も全く無知でしたが、改めて再認識させられました。

美肌を支えるコラーゲン

肌のハリや弾力の源になっている、真皮の約7割がコラーゲン。コラーゲンは美肌を内側から支えています。肌の弾力や柔軟性の低下はコラーゲンの量の減少だけでなく、質の劣化も関係しているのです。

真皮のコラーゲンは、網のように張り巡らされています。歳を重ねて新しいコラーゲンが増えずに、古いコラーゲンばかりになると、網状のコラーゲンは細くなり、緩んでしまうのです。そこで、古いコラーゲンが集まって結びつく「架橋」が増えます。この結びつきは加齢で増えすぎうと、コラーゲンの網が硬くなり、柔軟性を失ってシワやたるみの原因になります。

強くしなやかな骨をつくるコラーゲン

実は骨にもコラーゲンが多く含まれています。

骨の構造をビルに例えると、コラーゲンが柱や梁、カルシウムはコンクリートです。コラーゲンは骨の基礎となって、しなやかで丈夫な骨をつくります。ところがコラーゲンが不足したり、古くなると、カルシウムが流出して骨密度が低下。それが極端に進むと「骨粗鬆症」となり、骨折しやすくなるのはご存知だとおもいます。

コラーゲンの減少は関節にも影響を与えます。関節を保護する軟骨のコラーゲンが減ると関節痛の原因に。


積極的にコラーゲンを摂りましょう


いつまでも若く美しく健康であるために不可欠なコラーゲンをどのように補給したらよいでしょうか?コラーゲンを多く含む食品、料理といえばフカヒレ、とりの手羽先、魚の煮付け、ゼリーなどがありますが、どれも調理に時間がかかりますし、カロリーも気になります。

その点、ドリンクなら少量&低カロリーで多くのコラーゲンが摂取でき、手軽に長く続けられますよ。

国が定めた推奨摂取量はありませんが、美容目的なら1日5000mg程度を摂るのがおすすめ

コラーゲン生成を助けるビタミンCを一緒にとると効果的です。

私も定期注文して飲み始めたコラーゲンドリンクはただいま

モニター無料キャンペーン中ですよ。お急ぎくださーい。

産生力を高める今売れているコラーゲンドリンクの詳しくはこちらから>>>サンスターのコラーゲンドリンクの無料モニター募集
インナーパラソル16200
ランキング参加しています

美容・ビューティーランキング

人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-Uncategorized